初めてのプレゼントはカルティエの時計

社会人なり立てでブランドも無知な私が初めていただいた時計のプレゼントがカルティエだったことを思い出す

初めてのプレゼントはカルティエの時計

初めてのプレゼントがブランドの時計のカルティエだったこと

まったくもってブランドに興味の無かった私ですが、当時お付き合いしていた彼氏がお付き合いしてから初めての私のお誕生日のとき、二つの時計を出して、どっちか選んで好きなほうをプレゼントするよと言いました。一つはシルバーで女の子らしい時計、一つは皮製ベルトでフェイスは四角でした。私はその当時、時計をするという習慣がなかったのでセンスもなく、選んだのはシルバーの時計でした。すると彼氏が、本当にそっちでいいのか確認をしてきました。私はどうしてかなと思うと、実はその皮製ベルトの時計はカルティエのブランドの時計で、シルバーはブランドでもない普通の時計でした。

私は時計もしないし、ブランド知らない無知だったので彼氏は驚いたようでした。もちろん彼は私がカルティエを選んでもの凄く驚く様子を想像していたのでしょう。そんな想像を裏切るように私はなんのブランドでもないシルバーの時計を選んだのでした。そんな思い出のカルティエの時計ですが、今は私の実家で静かに眠っています。決して壊れたということもなく、単なる電池切れなので交換すればまたすぐ使えるほどです。その当時はそんな初めてのブランドの時計を会社にしていくのが、自分の自己満足でした。そんな可愛い時代もあったなとカルティエの時計を見ると思い出します。

注目のサイト・その他のおすすめをご紹介